ED治療を受けない理由

ED治療を受けない理由

なぜこれほどまでにED患者は治療を受けないのだろうか。その理由を矢口君に尋ねると、「なんか話すのが辛いつスよ。検査でチ〇ポをいじくられるのも恥ずかしいつスよ」という答 えがまず返つてきた。これもKさんと同様である。しかも矢口君の場合は非常にショッキングな体験であるし、元恋人のレィプ被害についても話さなければならないので、余計に心理的負担が大きいに違いない。まず最初に克服しなければならない難題である。検査に対する羞恥心は、単なる知識不足による思い込みが大きいのだが。

さらに治療を受けない理由として、矢口君は「料金が高いつスよ」と話した。これは明らかに矢口君個人の問題を越えた社会問題である。つまりED治療には保険が使えないのだ。検査にしても薬剤にしても、すべて患者の自己負担である。一、二回で劇的に治ることは稀なので通院を余儀なくされるわけだが、自己負担であるかぎり経済的に余裕のない人は挫折してしまう。普通の学生には縁遠い話だ。

これは取材して確信したことだが、「話すのが辛い」「検査が恥ずかしい」といぅ心理的理由と「保険が効かないから治療代を払えない」とい、つ経済的理由は、治療を望みながらも受けられない大半のED患者に共通している。治療へ行き着くまでにはかくも高い,ハードレが存在するのだ。まずはこれを受部として、本文の中でさらに様々な問®点を掘り下げていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です